So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

SFCラゲッジタグ [飛行機・船]

梅雨明け宣言されてからというもの、東京は今が梅雨本番かと思うような天気が続いていますね。
明日から3連休ですが、やはり天気はあまり良く無さそうです。
真夏の青空と共にヒコーキの写真でも撮りに行きたいんですけどねぇ。

本日帰宅しますと、ポストにANAから何か届いていました。
tag1.jpg

封を開けてみますと、SFCのラゲッジタグでした。
tag2.jpg
裏面には名前が刻印されています。

でも、SFCのタグはJGCに比べると見劣りしますね。比べてみるとこんな感じ。
tag3.jpg

JALのJGCの方がずいぶんと立派。
そういえばアメックスからもタグが届いていましたが、こちらは更におもちゃみたいな造りでした。。。
タグばかりが増えていきますが、どれも使い道がなく、かといって捨てるのももったいなく。
預け入れ荷物に付けるのが正しい使い方なんでしょうが、壊れたらそれはそれで悲しいし。
記念の品としてとっておこうと思いますが、ゴミが増えるばかりのような。。。
nice!(2)  コメント(3) 

竹富島から石垣島への高速船動画 [2017June竹富島旅行]

今年の6月に訪れた竹富島。
写真の整理が相変わらず追いつかず、動画で時間稼ぎです(笑)。

旅行最終日の竹富島からの帰りの高速船動画です。


実際に見えた海はもっと綺麗で、帰りたくない気持ちでいっぱいでした。

2017年6月16日~19日竹富島旅行 [2017June竹富島旅行]

ようやくですが、今年の6月に訪れた竹富島旅行記をupします。
長いです。いつもと同じ写真ばかりです。

なお、下のような「いかにも沖縄の海!」といった写真をご期待の方は、マイカテゴリーから2015年の竹富島旅行記でご覧頂くのが良いと思います。。。
Taketomi00.jpg


さて、6/16(金)は私用にて会社を休まねばならず、しかし昼過ぎには用事も終わる。
この時期、八重山の梅雨明けは微妙なところ。しかしここ数年の傾向によればほぼ梅雨明けしているだろうとの目論見にて、週末明けの月曜も有休を取って八重山行きを決定。
第一候補は、今年絶対に行きたかった波照間島。ところが目当ての宿が取れず、いつもの竹富島で妥協。
竹富島、訪れるのは何度目になるんだろう・・・?


旅行初日(6/16Fri)曇り
羽田発は15:55のANA477便。
Taketomi02.jpg

普段はJAL派の私も、今年はSFCを取るべくANAに搭乗を集中させておりました。
Taketomi01.jpg

いつものように那覇空港からは石垣行に乗り換え。石垣行最終便の19:30発ANA1781便。
Taketomi03.jpg

石垣空港到着は21時近く。もう離島への船は出ておりませんので、本日は石垣泊です。
Taketomi04.jpg

石垣での宿泊は離島ターミナル近くのホテルチューリップ。
Taketomi05.jpg
和室です。沖縄は観光客に人気があるんでしょうね。石垣の宿もなかなか見つけられず、こちらのお部屋のお値段は¥9,700。相場は東京のビジネスホテルと変わりません。まぁ、綺麗なお部屋でしたし、海が目の前だし、良いホテルだと思います(私の部屋は海の反対側で、アパホテルビューでしたが(笑))。

夕食がてら、離島ターミナル周辺をお散歩。東京ゲートブリッジ、、、じゃなくてサザンゲートブリッジです。
Taketomi06.jpg

フェリー「はてるま」が停泊していました。波照間島には高速船の他、主に貨物用としてこのフェリーはてるまが就航しています。高速船ですら揺れがひどいわけですが、このフェリーはそれ以上の揺れが更に長時間続くという、まこと恐ろしい乗り物です。
Taketomi07.jpg

どうでも良いことですが、関東では販売停止された「カール」が売っていて、ちょっと感動。
Taketomi08.jpg
妻からの注文で4袋も買って帰りました(私は全く食べてない)。

旅行二日目(6/17Sat)曇り時々雨
さて、翌日は朝から竹富島へ渡ります。まずは離島ターミナルへ。
Taketomi09.jpg
2年ぶりの離島ターミナル、出航案内の電光掲示板が取り払われていました。これは不便でしたねぇ。
どうしちゃったんだろう?

さぁ、竹富島へ出発!
Taketomi10.jpg

石垣港の外には外航客船の「サファイアプリンセス」が停泊していました。
Taketomi11.jpg
サファイアプリンセスは、一度那覇に撮影に行きました。その際の詳細はこちらの記事をご覧ください。
サファイアプリンセスクラスだと石垣港にとっては大きすぎて入港できないんでしょうね。
だから港の外に停泊するしかないわけですが、上陸しようとする乗船客には面倒な話。
これだけ大きな船の入港は予想していなかったのでしょうが、東京港といい、横浜港といい、大型客船の受け入れが出来ない日本の港湾施設は見直す必要があるでしょう。今後もインバウンド需要を期待するならば。


さて今回も、竹富島での宿泊は「ヴィラたけとみ」。ここも何回目だ?
空室の関係で、スイートルームを予約しておりました。スイートは、最初に妻と一緒に来た時以来です。
リビングはこんな感じ。
Taketomi12.jpg

寝室。
Taketomi13.jpg

ちっちゃなテラスもあります。
Taketomi14.jpg
ヴィラたけとみ、とてもきれいな宿でオススメですが、最近は星のやをはじめ、コテージ型の宿泊施設が充実してきていますね。

竹富島に来れば、まずはコンドイビーチへ向かいますが・・・
Taketomi15.jpg

う~む、相変わらず海はバスクリン色だけど、晴天時とは比べるべくもない。。。
Taketomi16.jpg

西桟橋にも真っ黒な雲が立ち込め、まるで地獄へと続く道かのよう。。。
Taketomi17.jpg

気を取り直して、竹富港でサファイアプリンセスを撮影。
Taketomi18.jpg

やっぱりプリンセスクルーズの船は美しいです。横浜港に良く来航するダイヤモンドプリンセスと同型船です。
Taketomi19.jpg

私にとっての離島での一番の楽しみは星空撮影。今回も多くのレンズを用意しておりましたが、
Taketomi20.jpg
コンドイビーチの空は雲に覆われ、星は全く見えず。

仕方が無いので夜の集落の撮影をしておりましたところ、
Taketomi21.jpg

ほんの僅かな雲の切れ間から沢山の星たちが!この3枚だけは大きなサイズでご覧いただけます。
Taketomi22.jpg

なんと多くの星が見えるのでしょうか!雲が無ければなぁ。。。
Taketomi23.jpg

この写真だと、右側にちょっとだけ天の川が写っています。
Taketomi24.jpg
ホントに凄い数の星たちです。この時点では、翌日の天気にまだ少しだけ期待をしておりました。

ちなみに、竹富島の星空写真はこちらの記事にてご覧いただけます。当時使っていたカメラはD7000で、レンズもまだ揃っていないし、撮影技術も伴っておらず、拙い写真ですが、ご興味ありましたらご覧ください。


旅行三日目(6/18Sun)曇り時々雨
竹富島二日目。朝起きたときのTV画面。
いや、片山さつきさんが問題なのではありません。一日中という天気予報。
Taketomi25.jpg

それでもやっぱりコンドイビーチへ。道路わきに咲く花は昨夜の雨で濡れていました。
Taketomi26.jpg

こうして見ると、なんとか見れなくもないのですが、、、
Taketomi27.jpg

厚~い雲に覆われ、本来の美しさではないですねぇ。。。
Taketomi28.jpg

カイジ浜。特にコメントは無し。
Taketomi29.jpg

そう言えば、コンドイビーチには多くの猫たちがいるんですが、今回は少なかったです。
Taketomi30.jpg
どうしちゃったのかな。ちょっと心配。

海がダメなら食で。というわけで、八重山ソバではここ以上の店は無いと思われる「竹乃子」へ向かうと、
Taketomi31.jpg
なんと!6/14~18まで改装により休み!
もうね、この時点での落胆ぶりは言葉に表せぬほど。
綺麗な海は見れず、星もまともに見れず、その上、竹乃子まで休みとは。。。
何のために竹富島に来たのか。。。

宿に戻ってふて寝でもするかと、自転車でトボトボと走っていると、キリっとした表情の猫ちゃんが。
Taketomi32.jpg

自転車を降りて撮影していると、私の方へ寄ってきて、私の足にすりすり。
Taketomi33.jpg
まるで「竹富島を嫌いにならないで」と言われているような気分に。


そんなわけで、再度気を取り直して、島内散策です。
Taketomi34.jpg

天気は悪いけど、美しい花々が咲き誇っていますよ。
Taketomi35.jpg

花の名前は全く分からないけどね。
Taketomi38.jpg

サンゴで出来た石垣と、サンゴを敷き詰めた白い道と、きれいな花々と。この光景で十分満足すべきです。
Taketomi39.jpg

これは見なかったことにしよう。。。
Taketomi36.jpg

世持(ユームチ)御嶽は工事中なのかお祭り準備なのか足場が組まれていたけど、これも気にしない。
Taketomi40.jpg
神聖な場所であることには変わりはないのです。

竹富島では、郵便局も琉球建築模様。
Taketomi41.jpg

こんな横道にそれてもいい感じじゃないですか。。。
Taketomi42.jpg

最後の夜は、前日にもまして雲は厚く、星は見えず。
Taketomi43.jpg

ならば、八重山ホタルを見ようとねばった結果がこれ。
Taketomi44.jpg
分かりにくいですね。ポツポツと見える緑色が八重山ホタル。
かなりの数がおりましたので、飛び回っていれば相当幻想的な光景が見れたことでしょう。
しかし、みんな基本的にやる気は無いようで、地べたでほとんど動かず。

八重山ホタル、お前もか。。。


旅行最終日(6/19Mon)快晴!!!
さて、旅行も最終日。東京へ帰る日。
「結局この3泊4日の間、天気がずっと悪くて、、、」ということならまだ素直に諦められるところ、朝起きて空を見上げれば!
Taketomi45.jpg
なんと!青空が顔を見せ、みるみるうちに雲が消えていきます!

でももう帰る時間。宿から竹富港へ送ってもらう際に、西桟橋にだけ寄ってもらいました。
Taketomi46.jpg
美しい!

西桟橋から見たコンドイビーチ。
Taketomi47.jpg

この青さこそが八重山の海なんです。
Taketomi48.jpg
船の出航まで時間は無く、西桟橋滞在30秒で送迎の車に戻ります。
なんで、「もう帰る」というときにこんな美しい景色を見せてくれるのか?嬉しさ半分、くやしさ半分、といったところでしょうか。


竹富港からの高速船から見た海。この青さはホントに美しいです。
Taketomi49.jpg

後ろ髪引かれ感でいっぱいの中、帰りは羽田への直行便。ANA90便です。
Taketomi50.jpg

ランウェイRWY22にラインナップ。機内から目の前にほぼ一直線に伸びる滑走路が見える光景が好きです。
Taketomi51.jpg

この日で八重山は梅雨明けしたのでしょう。サンゴ礁も綺麗です。
Taketomi52.jpg

というわけで、恨み言ばかりの旅行記でした。読んで頂いた方には申し訳ないことです。
それにしても、いろんな点でタイミングの悪すぎる八重山旅行でした。もともとの予定は1週間先だったのですが、梅雨明けは問題無いだろうとタカをくくって、前倒しにしたのが仇となってしまいました。。。

次こそ、綺麗な天の川が見たいです。出来れば波照間島で。

そうそう、石垣からの帰りのフライトで無事にANAのプラチナステータスに到達。
Taketomi53.jpg
ウェブサイト上の表記はブロンズステータスですが、プレミアムポイントは50,000を突破。
というわけで、次からはJALに戻ります。

明日は、石垣島からの帰りの高速船から撮影した動画をupしようと思います。
ケータイ動画ゆえ、色があまり鮮やかではないのが残念なのですが、見て頂けたら嬉しいです。


東京の桜 [その他]

昨日7/29は隅田川の花火大会。
この日の東京は朝から猛暑で夕方からは豪雨でしたが、無事に開催されたようでなによりです。
隅田川花火大会は、何故か雨降りという印象があります。

気付けば来週からは8月。もう夏真っ盛りなんですね。
しかし当方blogは4月に遡ります。
例年の東京の桜は毎年3月末には満開となり、多忙な季節と重なって花見どころではないところ、今年は開花が遅れたようで、撮影した4/10もまだまだ桜は満開。
仕事帰りに撮影した東京の桜です。

芝公園の桜。
Sakura01.jpg

東京タワーと共に。
Sakura02.jpg

増上寺と桜。
Sakura03.jpg

皇居に到着したころには陽も落ちて参りました。
Sakura04.jpg

ここからは夜桜見物。半蔵門あたりから東京タワーと共に。
Sakura05.jpg

この辺りは皇居ランナーと花見客とで、危険極まりない状態でした。。。
Sakura06.jpg

桜の名所、千鳥ヶ淵。十年以上も東京にいながら、千鳥ヶ淵の桜を見るのはこれが初めてでした。。。
Sakura07.jpg

この辺りは花見客が一層多く、大混雑。実は前日まで夜桜がライトアップされていたそうで残念。
Sakura08.jpg

最後に再び東京タワーと共に。この辺りはもう北の丸付近なんですが、方角的に東京タワーが見えるんですね。
Sakura09.jpg

お堀に写った東京タワーが綺麗でした。
Sakura10.jpg

夜桜撮影は難しいですね。
シャッタースピードを遅くせざるを得ないのですが、風が吹けば桜はぶれるし、周囲は明るすぎるし。
ちょうど3月の殺人的な忙しさが終わったタイミング。東京に出てきて十数年、都心で夜桜をゆっくり見物したのは初めてだったような気がします。見事な桜でした。

当方blog、まるで日記帳みたいになってしまっていますが、こうしてblogを続けることで、多忙な毎日のせいで忘れていた頃のことを思い出すことが出来るのは嬉しいです。

ANA成田離陸動画 [飛行機・船]

先日upした仙台帰省の際の成田空港離陸動画です。
珍しく窓側席に座ったので、タキシング~離陸から太平洋上に出るまでの動画を撮影してみました。



成田空港は大渋滞でしたが、Polarのボーイング747-8Fを見れたのは嬉しかったです。
新型ジャンボもカーゴ用としてはそれなりに需要があるようですね。

ANAの機材はプレミアムクラス無しのボーイング737-500。狭かったなぁ。。。

こんな動画でごまかしていますが、竹富島旅行の写真の整理はまだまだです。。。

荒浜小学校震災遺構 [その他]

竹富島旅行の写真整理に手が付けられず、放置していた時間をちょっとだけ巻き戻してみたいと思います。
今年のGW、もう2か月以上も前ですが、仙台の実家に帰省したときのこと。
東日本大震災の震災遺構として残されることになった荒浜小学校を訪問して参りました。

仙台は私の地元。到着したその日に、仙台空港近くに住む友人に会う予定があったので、わざわざ成田空港から空路で仙台入り。飛行機で東京から仙台に行くなんて、これが最初で最後でしょう。
Arahama01.jpg

何十年ぶりかの仙台空港。ずいぶんと綺麗になりました。
Arahama02.jpg

空港まで出迎えてくれた友人と食事の後、荒浜小学校へ。
Arahama03.jpg
外観はずいぶんと綺麗に見えましたねぇ。

東日本大震災と震災遺構の説明。この写真だけは、クリック頂ければ大きなサイズでご覧いただけます。
Arahama04.jpg

2階のベランダ。無残にも破壊された柵と青空とのミスマッチ。
Arahama05.jpg

1階の教室の様子。
Arahama06.jpg

破壊された柵から見える景色。
Arahama07.jpg

各階には様々な説明があります。
Arahama08.jpg

な~んにも無くなってしまった荒浜地区。昔は家と防風林が立ち並び、海など見えなかったのです。
Arahama09.jpg

裏手のドアはそのままの姿をさらしていました。
Arahama10.jpg

未だに住人は戻ってきていないようです。
Arahama11.jpg

深沼海岸。小学~中学生の頃は良く泳ぎに来たものです。昔から波が荒いと言われていましたが、この日は穏やか。この海が襲ってきたんですね。
Arahama12.jpg

荒浜小学校は、私が通っていた小学校と近く、ここで体育大会を行ったこともあるし、なによりこの辺りは海にも近く、絶好の遊び場でした。
時間が経つにつれて記憶は薄れていきます。荒浜小学校が遺構として残ったのは良かったと思いました。

地元の友人は元気一杯。
イチゴ狩りに連れて行ってくれたり、大変なおもてなしを受けました。親友の存在はありがたいものです。
Arahama13.jpg

最近の九州の大雨や、熊本・阿蘇の大地震のことも、忘れてはなりませんね。

リッツカールトン東京宿泊記 [その他]

竹富島の写真の整理がついておらず、ちょっとホテル滞在記でも。

先週の三連休、仕事に疲れてどこか都内のホテルに宿泊しようと考えておりました。
そこで候補に挙がったのがリッツカールトン東京。
なかなか手の出ない価格帯のホテルではありますが、マリオットの会員になったこともあって、リッツに決定。

ところで、マリオット会員のベネフィットを享受するには公式サイトからの予約が必要。
その一方で、先日の記事で書いたダイナースプレミアムというクレジットカードを保有していると、予約サイトの「一休」のダイヤモンド会員にもなれます。但し、マリオット会員のベネフィットは受けられず、宿泊記録にもならない。

なので、とりあえず公式サイトから予約しようとしたら、一休よりも¥30,000も高く、しかも朝食は別途。
正直、一休ダイヤモンド会員の利点が分からないのですが、ダイナースモールから予約・決済すると、ダイナースのモールのボーナスポイント合わせて一撃で約4,000マイル近くも貯まる計算。

というわけで、初リッツなので公式サイトから予約したかったけど、一休経由で節約。
前置きが長くなってしまいましたが、東京ミッドタウンへ行って参りました。

リッツカールトン東京は、東京ミッドタウンの45~53F。まず、入り口が分かりにくい。
Ritz01.jpg
最近の外資系ホテルは、高層ビルの上層階に入居するケースが多いですが、入り口が分かりにくいことが多いです。

そこから先は迷いながらも長い長い廊下を進みます。
Ritz02.jpg

ようやくロビー階へ到着。チェックイン後、係の方にお部屋まで案内していただきますが、これまた迷路のようで、一人だと迷ってしまいます。
RitZ03.jpg

こちらがお部屋。一番リーズナブルなお部屋だと思いますが、それでも52m^2もあります。
RitZ04.jpg
テレビも大きい。
RitZ05.jpg

広い広いバスルーム。シンクが2台、独立したシャワーブースやテレビもあって、ここだけで暮らせますw
トイレとバスタブは、写っておりませんが、写真の右側にあります。
RitZ06.jpg

そして眺望。
RitZ07.jpg

六本木ヒルズ森タワーが眼前にあり、それ以外、遮るものはなく素晴らしい眺め。
RitZ08.jpg

国立美術館と青山霊園。遠くには渋谷も見えます。
そういえば、一人暮らしの際に自転車通勤していたのですが、この青山霊園を突っ切る道が通勤路でした。
RitZ09.jpg

一休の宿泊プランについていたリッツのアロマ。ホテル内でも販売していたのですが、¥10,000でした!
RitZ11.jpg

とりあえずひと眠りすると、陽が落ちて参りまして、
RitZ12.jpg

最高の夜景!
RitZ13.jpg

夜になって妻もホテルに到着したので食事に出かけようとしたところの、ロビーの様子。
Ritz14.jpg

生バンドでの演奏が。ホントに優雅な時間・空間です。
RitZ15.jpg

夕食はミッドタウンにて。昼間は厳しい暑さでしたが、夜はオープンエアでも気持ちよかったです。
RitZ16.jpg

楽しみにしていた朝食。
RitZ17.jpg
リッツの朝食は、一応、卵料理は付いてきますが、基本、コンチネンタルブレックファーストという感じで、個人的には、ほぼフルブレックファーストを提供するコンラッド東京やウェスティン東京の方が好みでした。

レストラン側は東京タワービュー。アークヒルズ六本木や虎の門ヒルズも一望できます。
RitZ18.jpg

ロビーラウンジの様子。
Ritz19.jpg

チェックアウトは12:00なのですが、レイトチェックアウトを申し込んだら13:30までOKということで、お部屋でゆっくり過ごしました。

この日も猛暑。帰りは乃木神社にご参拝し、TBSのお祭りにも寄って、汗だくになって帰宅しました。
RitZ20.jpg

リッツカールトン東京は、コンラッド東京やインターコンチネンタルのような現代的な造りと違い、伝統的なアールデコ調の造りで敬遠気味だったのですが、大変素晴らしい滞在となりました。
また泊まりたいけど、私の経済力ではランクが高すぎるかな・・・。
他にもマンダリンオリエンタル、アンダーズ、アマンとか、泊まってみたいホテルも多いですし(アマンは無理かな・・・)。

※ホテルブログを見てますと、多くの方がクラブフロア(エグゼクティブフロア)をご利用してますよね。
確かに、クラブラウンジが使えたり、ホテルによってはお部屋が少し贅沢だったりするようですが、どうも価格に見合った価値を私には見出せません。
以前、ヒルトン東京でラウンジアクセス権を頂いて利用したこともあるのですが、お酒も飲まず、おやつも食べない私だと、むしろお部屋でゆっくりと過ごしたいと思ってしまいます。
これも、航空系での上級会員に価値を見出せるかどうかと同じような価値観の違いなのかもしれませんね。

マイレージ [飛行機・船]

JALとANA、どっちが好きかと問われたら、私はJAL派です。
特に強い理由があるわけでもないのですが、JALの良いところを挙げてみると、
・クラスJがある。
・国内線ファーストクラスは、ANAのプレミアムクラスよりも居心地が良い。
・イメージですが、なんとなく接客が丁寧(?)
といったところ。

ですが、一昨年にJGCを取得したので、今年はANAに乗っておりまして、先月に50,000プレミアムポイントに到達し、プラチナステータスを得ることが出来ました。
ANA_Platina.jpg

そして、無事にSFCも取得。
ANA.jpg

これで、ワンワールドとスターアライアンスの両方でベネフィットを得られるようになりました。
まぁ、海外旅行に無縁の我が家には無用の長物なのですが、移動が大の苦手の私。
これで少しは移動中も待ち時間も少しは快適に過ごせるかな、と。

ANAに乗っていて驚いたのは、国内線機材のプレミアムクラスにもクレードルシートがあること。
国際線のビジネスクレードルよりはシートピッチが狭い気がしましたが、そこはビジネスクラスと同様のシート。
素晴らしい乗り心地でした。このシートに当たったのは1度だけでしたが、羽田・石垣線という長距離だったので、とても楽チンなフライトでした。このシートなら、ANAのプレミアムクラスに軍配ですね。
しかもJALは737の小型機メインであり、最近の発表では大型機はエアバスA350-1000に限定する模様。
これに対してANAは国内線にもボーイング787を導入してますし、新型のボーイング777-Xも導入予定とか。
機材の点でも、ANAの魅力は増しています。


さて、飛行機に乗る機会も多くない我が家は、ほぼ全ての支払いをクレジットカードで決済することでマイルをためています。
クレジットカードでのマイル交換レートは、多くは200円=1マイルか100円=1マイル。良くても100円=1.25マイル。

そんな中で、陸でマイルを貯める最強のカードが、「ダイナース プレミアムカード」です。こちらはなんと、
・100円=2マイル
と、通常の倍のマイルが貯まります。

私も一時期、ダイナースの一般カードをメインにしておりましたが、それほど決済することなく、今ではメインカードはアメックス。なので、ダイナースはそろそろ解約しようと思っていた矢先、何故かインビテーションが!

問題は、ダイナースのポイントはANAには移行できてもJALには移行できないこと。
とはいえ、100円=2マイルの魅力には勝てず、作ってしまいました。

Diners.jpg

ダイナースプレミアムには多くのベネフィットが付帯しますが、私の使い方で魅力的なのはマイルぐらいのもの。でも、ANAはA380をハワイ線に導入予定ですから、A380のビジネスクラスを目標にマイルを貯めたいと思います。

今日の小夏と虎 [我が家のネコ]

今日の小夏と虎です。

仲が悪そうで、そのわりにはいつも近くにいる二匹。
Konatora.jpg
適度な距離を保っているのが良いようです。

さて、先月の6月には、2年ぶりに八重山は竹富島に行って参りました。
当初は波照間島のつもりでしたが、目当ての宿が取れず、いつもの竹富島。
早ければ梅雨が明けているだろうと見込んで期待していたのですが、残念ながら連日の雨。
そして、最終日、帰りの船にのるため、宿から港へ向かうタイミングで、青空が広がってきました。
急遽、西桟橋に寄ってもらったときの写真がこちら。
taketomi.jpg
これ以降、八重山は晴れ続きで、私が帰ると同時に梅雨明けとなったようです。。。

実は3月にも那覇に遊びに行ったのですが、これまた連日雨続き。
どうもついていない。。。

写真が整理できたら沖縄旅行記もupしてみようと思います。

今日の小夏と虎 [我が家のネコ]

猫好きだという会社の新人が、妻にプレゼントしてくれた帽子(?)。

イチゴちゃんだそうです。まずは虎にかぶせてみました。

さすがに虎は嫌がる様子もなく。
DSC_9438.jpg

小夏はダメかな~とおもいましたが、
DSC_9420.jpg
やっぱりすぐに嫌がって脱いでしまいました。

前の10件 | -