So-net無料ブログ作成
検索選択

虎の経過その4 [猫のごはんとか病気とか]

皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?
10連休という方もおられることでしょうが、私はいつもと変わらずお仕事です。

この3連休もお休みは昨日だけ。
その昨日は、虎の下部尿路疾患の通院日。

このところの虎は、トイレで鳴くこともなくなり、排尿痛はほとんど無いようにみえます。
頻尿も改善されてきている様子。
尿検査の結果も前回同様、ph、潜血、球菌、尿比重、全てにおいて問題ありませんでした。
そんなわけで、消炎鎮痛剤のオンシオールは終わり。
あと1週間だけ、ビブラマイシン(抗生剤)とミニプレス(尿道括約筋弛緩剤)を継続します。
今週の様子を見て、問題なければ今回の治療は終了予定。

さて、連休唯一のお休みということで、虎の病院の後、立川の昭和記念公園に行って参りました。
この日は昭和の日ということで、入園無料。
そのせいもあってか、すごい人出でにぎわっていました。
syowa01.jpg

菜の花畑がとてもきれいでした。
syowa02.jpg

広大な敷地には森もあります。
syowa03.jpg

広い日本庭園も。
syowa04.jpg

チューリップ
syowa05.jpg

これはなんのお花?
syowa06.jpg

半日ではとても見て回れませんでした。
syowa07.jpg

虎の経過その3 [猫のごはんとか病気とか]

先週の日曜日は、虎の下部尿路疾患の通院日。

軽減されているように見えるとはいえ、相変わらず排尿痛がある虎ですが、尿検査の結果は、
ph、潜血、球菌、尿比重、全てにおいて問題ありませんでした。
体重は4.45kg。このところは4.4kg台を維持しています。

今後も以下の3つの投薬を継続します。
・ビブラマイシン(抗生剤)
・オンシオール(消炎鎮痛薬)
・ミニプレス(尿道括約筋弛緩剤)

それでも虎は元気にしてくれています。

眠い眠い・・・。
tora01.jpg

布団にくるまって、ぐっすり。
tora02.jpg


虎の経過その2 [猫のごはんとか病気とか]

排尿障害を起こして、ミニプレスという尿道括約筋弛緩剤を投与してから4日が経つ虎です。
昨日まではあまり改善傾向は見られなかったのですが、今日のトイレの様子を見ると、痛みはかなり
抑えられてきているようです。
やっぱり今でも排尿の初めに少しだけウォーンと鳴きますが、すぐに痛みは引くようで、鳴き方も小さくなりました。
おしっこの出方も、一時に比べるとずいぶんと良くなりました。

根本的な改善は難しくても、少なくとも痛みがコントロールできているのであれば、
飼い主としてはとてもうれしいことです。

今日の虎です。TVに映ったペンギンに釘づけでした。
tora01.jpg
カメラ目線でもう1枚。
tora02.jpg

小夏は、最近はもうTVには興味が無い様子。ひたすら甘えてきます。
kona.jpg

今日の東京は冷たい雨となり、このところ星空撮影の機会にも恵まれません。
そんなわけで、急遽、京都旅行へ。京都の竹林に癒されてきました。
bamboo.jpg
というのは冗談で、これは近くの公園で先週撮影したもの。
私は今日も明日も休日出勤。
もうこんな生活は嫌になってきますが、近場でも少し散歩するだけで気分は変わってきますね。
土日の両方が仕事だと気分転換ができず、キツイです・・・。


野川の桜 [その他]

久しぶりにblogを更新したと思ったら、虎の病気ネタで申し訳ありません。
病気ネタばかりでは、せっかく当blogを読んでくださっている方に申し訳ないので、ちょっと前に撮影した野川の桜です。

撮影日は3/28。桜はすでに満開でした。
Sakura02.jpg

今年は開花までは好天続きでしたが、開花した後の東京はずっと寒かったですね。
青空の下での桜を見ることができませんでした。

気づくと、桜の向こうにおぼろ月が見えましたので、急いで義父に望遠レンズをお借りして撮影してみました。
Sakura01.jpg
夜間の撮影で手持ちで300mmはキツイですね。

ちょっと怪しげな桜です。
Sakura04.jpg

昨日から新しい薬を始めた虎の様子はあまり変わりありません。
小夏は相変わらず元気です。
kona01.jpg


虎の経過その1 [猫のごはんとか病気とか]

虎の排尿障害は相変わらずで、頻尿と排尿時の痛みが酷い様子。

そんなわけで今日は、手術も含めて今後のことを相談するために病院へ行って参りました。
獣医が膀胱の様子をチェックすると、ほとんど尿は貯まっていないとのことで、排尿時の痛みはあるけれども、
とりあえずおしっこの量はきちんと出ているとのことでした。

排尿痛ですが、先に直径1mmのカテーテルが通らなかったことから、尿道に狭窄がありそう。
度重なる膀胱炎が、その原因として考えられるそうです。

膀胱炎を繰り返すことで、頻繁に球菌が尿道を通り、また尿道炎も起こしていることから、
尿道の組織が結合化して、瘢痕化。その結果として狭窄が起きているのではないか、とのこと。

手術をするとすれば、尿道を広げることになりますが、この手術の結果として、尿道が短くなってしまいます。
虎は一度手術しているので、既に短くなった尿道が更に短くなります。
すると、狭窄は解消できても、尿道が短くなることで感染の危険性も高まるとのこと。

結論としては、手術は見送ることになりました。
今は痛みがあるかもしれないが、必要な量の尿は出ているので腎臓には影響していないだろうし、
現在投与しているオンシオールの効き目をもう少しだけ待ってみることにしました。

また、今日からミニプレスという新しい薬が追加になりました。
この薬は尿道括約筋弛緩剤で、括約筋を弛緩させることで尿道を広げようとするものです。
もともと狭窄が起きている状態なので、弛緩させることで失禁するようなことは無いとのこと。
これで良くなることを願うしかありません。

ただ、今回はこれで良くなったとしても、今後も膀胱炎をたびたび繰り返すようだと、瘢痕化を繰り返し、
また狭窄が起きる可能性があります。

我が家の膀胱炎対策は以下の3つ。
・トイレをいつもきれいにしておくこと。
・水飲み場を増やし、きれいな水をいつも用意しておくこと。
・phコントロールの食事を与えること
それでも膀胱炎を繰り返すので、ほかにできることは無いか?と獣医に聞いてみたのですが、
「それ以上、出来ることは無い」
との返事でした・・・。

ごめんな虎。もうちょっとだけ頑張ってくれよ。
konatora20.jpg

虎の膀胱炎再発(10回目)とその後 [猫のごはんとか病気とか]

1カ月以上もblogを放置してしまいました。
3月期末の仕事がなんとか無事に終わり、少しはゆっくりできるかと思いましたが、4月になっても相変わらずです…。

虎の病気は良くないです。
今回の記事も備忘録代わりのメモです。

3/20(水)夜、救急で病院へ
 この日、珍しく私は休日で、一日中ひたすら睡眠。気づくと虎がトイレで大声で鳴いて痛がっている。
 急いでトイレに行って様子を見ると、おしっこが一滴も出ていない。尿路閉塞!?
 ネコが尿路閉塞を起こすと、1~2日で命を落とすこともあります。
 すでに時間は21時過ぎ。急ぎネットで救急病院を探し、タクシーを呼びました。
 でも獣医が膀胱を圧迫すると、なんと、おしっこが沢山出てくれました。
 この時、どんなにホッとしたか分かりません。
 とりあえず閉塞は起きていないことが分かったので、特に治療も無く帰宅。
3/21(木)かかりつけの病院へ
 翌日、近くのかかりつけの病院へ行くと、やはり膀胱炎再発。
 前回の投薬を止めてから2weekたっていません。
 再度ヒブラマイシンを5week投与。
4/8(月)ヒブラマイシン投薬開始から2weekと少し。
 虎は後ろ足をびっこひいてる。その後、やっぱりトイレで痛がった。
 抗生剤が効いてない?
4/9(火)かかりつけの病院へ
 尿検査では球菌は検出されず。膀胱炎は収まっているようです。その後、虎の様子も普通。
 昨日のあれは何だったのか?
4/14(日)ヒブラマイシン投薬開始から3weekと少し。
 投薬中にも関わらず、この1~2日、それほど酷くはないけどトイレで痛がる様子がある。
 一度に出る尿の量も少な目。
4/15(月)かかりつけの病院へ
 尿検査では球菌は検出されず。但し、顕微鏡で見える程度の血液が混じっている。
 尿道にカテーテルが通らず、狭窄があるようだ。
 そんなわけで今日からオンシオール(Onsior)錠を投与。
 オンシオールは、2011年に認可された新しいネコ用消炎鎮痛薬だそうです。
 手術は最終手段だと考えている獣医ですが、今日の様子を見て、「これで良くならなければ手術かなぁ…」と。

 オンシオールを投与してから2日、頻尿は酷くなり、痛みも強くなっている様子。
 手術はなるべくさせたくないです。良くなってくれるといいのですが…。
tora50.jpg